コラーゲンの効果

コラーゲンは、人間にかかわらず動物にとっては欠かすことのできないものです。コラーゲンは、細胞間のつながりを保つ役割を担っている物質ですが、年を取ると老化とともに少なくなってしまうもので、しおれた感じになってしまいます。これは、コラーゲンが少なくなっていることが、主な原因であると考えられています。コラーゲンはたんぱく質の一つで、その分子構造も大きく、そのままの形で体内に吸収することはできないのです。

そのため、化粧品やサプリメントといったもので補います。そのままの形で補給したいところに補給できないといった問題点が指摘されていますが、その構造に近いもので保護をするといった観点では、有効とされる考えがあります。コラーゲンを利用した商品の種類も非常に多く、主に化粧品や健康補助食品などに利用されています。健康補助食品には、いろいろな決まりがあって、その決まりにのっとってある程度の効果が認められているものは、トクホと呼ばれている特定保健用食品がその効果が高いとされている分類になっています。コラーゲンが、健康補助食品に添加されているものも少なくないのです。コラーゲンの活用法のほかには、ゼラチンとして食品添加物に使用され、医薬品の現場で活用されているものです。

そのコラーゲンの起源は、単細胞から多細胞へと進化してゆく過程で、欠かせないものであり、細胞間の結合に大きな役割を担っているものなのです。その為、コラーゲンの種類も多く、人型コラーゲンといった、人の体内に入っているコラーゲンの種類でも、30種類あるといわれています。その構造も効果も違いがあるものです。

 

Copyright © 2014 コラーゲンの効果と重要性 All Rights Reserved.